大学時代に出会い系で出会った人妻にはまった体験談


大学時代に自分の周りでは出会い系サイトに登録する事が流行っていました。
実際に会って、セックス出来たという輩もちらほらおり自分もセフレ探しをかねて登録して休み時間にはちょくちょくメッセージのやり取りをしていました。
そんな中、親しくなったのが明美さんです。

明美さんは自己申告は32歳の人妻で当時大学生だった自分からするとかなり年上に感じられました。
正直同年代の若い子を探していたのですが、向こうからアプローチがあった事もあり、メールのやりとりを続けていました。
しかし、この明美さんかなり積極的だったのでメールのやり取りを初めて1週間で実際に会う事になりました。

平日のお昼にとある埼玉のターミナル駅で待ち合わせをしていました。
現れた明美さんは童顔な感じで小柄だったので、25~26歳位にしか見えませんでした。
しかし、顔立ちはかわいい感じでモーニング娘の石川梨華に似ていました。
とりあえず、お茶にいこうという話になり明美さんと喫茶店に行きます。
明美さん、自分の大学の話などを楽しそうに聞いてくれます。
その後、明美さんからのボディータッチが増えてきて、そういう雰囲気になってきました。
「じゃ、そろそろ行きますか」というと、いたずらっぽくうなずく明美さんです。
平日の昼でガラガラのラブホにチェックインしました。

部屋に入ると速攻でズボンを下ろして明美さんがフェラチオしてくれます。
これがめちゃめちゃ気持ちいいです。
ちょっと同年代の女の子では味わえないテクニックです。
自分も必死になって、明美さんの洋服を脱がせて下着を剥ぎ取ります。
あらわれた小ぶりな明美さんの乳房をなめ回し、乳首を吸います。
若さあふれる荒々しいプレイに明美さんも興奮しているようです。
「もっと乳首なめて」、言う通り激しく乳首を中心にせめます。
その後、明美さんのあそこを攻めるともう濡れ濡れです。
そのまま、我慢できずにゴム無しで挿入します。
「あぅ、ゴムゴム」と言われますが、もう止まりません。
そのまま、激しくピストンしてあっという間に中出しです。
「もう、逝っちゃったの~」といたずらっぽく笑う明美さん。
しかし、若い自分はまた勃起してそのまま2回戦に突入です。
絶叫する明美さんの上でひたすら腰を振ります。

結局その日はお昼から夕方までホテルにこもりっきりでセックスしてました。
その後、明美さんにはまってしまい、平日に週4回で1日中こもりっきりでセックスしてました。
1日で14回射精したのが最高です。
その後、妊娠したとの事で怖くなり、連絡を絶ちましたがあれは旦那さんの子ではなく自分の子だと思います。
人妻の体は最高でした。