大学時代に出会い系で出会った人妻にはまった体験談


大学時代に自分の周りでは出会い系サイトに登録する事が流行っていました。
実際に会って、セックス出来たという輩もちらほらおり自分もセフレ探しをかねて登録して休み時間にはちょくちょくメッセージのやり取りをしていました。
そんな中、親しくなったのが明美さんです。

明美さんは自己申告は32歳の人妻で当時大学生だった自分からするとかなり年上に感じられました。
正直同年代の若い子を探していたのですが、向こうからアプローチがあった事もあり、メールのやりとりを続けていました。
しかし、この明美さんかなり積極的だったのでメールのやり取りを初めて1週間で実際に会う事になりました。

平日のお昼にとある埼玉のターミナル駅で待ち合わせをしていました。
現れた明美さんは童顔な感じで小柄だったので、25~26歳位にしか見えませんでした。
しかし、顔立ちはかわいい感じでモーニング娘の石川梨華に似ていました。
とりあえず、お茶にいこうという話になり明美さんと喫茶店に行きます。
明美さん、自分の大学の話などを楽しそうに聞いてくれます。
その後、明美さんからのボディータッチが増えてきて、そういう雰囲気になってきました。
「じゃ、そろそろ行きますか」というと、いたずらっぽくうなずく明美さんです。
平日の昼でガラガラのラブホにチェックインしました。

部屋に入ると速攻でズボンを下ろして明美さんがフェラチオしてくれます。
これがめちゃめちゃ気持ちいいです。
ちょっと同年代の女の子では味わえないテクニックです。
自分も必死になって、明美さんの洋服を脱がせて下着を剥ぎ取ります。
あらわれた小ぶりな明美さんの乳房をなめ回し、乳首を吸います。
若さあふれる荒々しいプレイに明美さんも興奮しているようです。
「もっと乳首なめて」、言う通り激しく乳首を中心にせめます。
その後、明美さんのあそこを攻めるともう濡れ濡れです。
そのまま、我慢できずにゴム無しで挿入します。
「あぅ、ゴムゴム」と言われますが、もう止まりません。
そのまま、激しくピストンしてあっという間に中出しです。
「もう、逝っちゃったの~」といたずらっぽく笑う明美さん。
しかし、若い自分はまた勃起してそのまま2回戦に突入です。
絶叫する明美さんの上でひたすら腰を振ります。

結局その日はお昼から夕方までホテルにこもりっきりでセックスしてました。
その後、明美さんにはまってしまい、平日に週4回で1日中こもりっきりでセックスしてました。
1日で14回射精したのが最高です。
その後、妊娠したとの事で怖くなり、連絡を絶ちましたがあれは旦那さんの子ではなく自分の子だと思います。
人妻の体は最高でした。


人妻たちは出会いを待っています


独身貴族の私が、ここ数年遊んできたのは人妻が多いです。ほとんどそうでしたね。最初は4年ほど前、勤務先のパート主婦でした。その後、同窓会で再会した昔の彼女とも関係を持つようになったのですが、彼女らの熟れた肉体を貪りながらも不思議でなりませんでした。

ちゃんと旦那がいるのです。それなのに何故、別の男である私と寝るのか?その答えは、ささいな雑談の中に隠されていました。要するに彼女たちは、旦那を男として見なくなっていたのです。おそらく旦那から見ても同じだと思います。実際に私と不倫した人妻は全てセックスレスでした。

一見円満な家庭に見えても、体の疼きは抑えられないのでしょう。ある人妻のスマホを何気に見たことがありますが、出会い系サイトが複数登録されていました。そんな時にモーションをかけらたら、ひとたまりもありません。考える前に体で感じてしまうと思いますね。

いずれにしても、出会いを求めている人妻たちが多いのは間違いありません。これはチャンスと言っても良いでしょう。適度に開発された肉体を堪能出来るのです。GETする方法としては、私のように身近で相手を探すという方法もありますが、失敗した時のダメージは決して小さくありません。
ですから、出会い系サイトを利用するのが最も無難かつ効率が良いと思います。私もリスク回避の意味で、ここ最近は出会い系サイト一本絞っています。そしてよりセックスライフが豊かになりました。年齢も肉体も違う複数の人妻との出会いを現在進行形で楽しんでいます。

驚くのは出会い系サイトに登録している人妻の多さです。やはり肉体的、そして精神的な飢餓を覚えているのでしょう。利用歴が長くなると、一見普通のプロフィールである彼女らの裏側で、すぐにOKというサインが透けて見えます。コツとしては、あまり回りくどい展開は避けることです。
軽く会話して自己紹介が終わったら、すぐに会う約束をすると良いです。ストレート過ぎるように見えますが、人妻たちはそんな男を待っているのです。


人妻との出会いには、気軽にサイトを利用しよう


若い女の子と遊ぶのもいいけれど、人妻には人妻の魅力というものがあります。それはとにかく「人のものに手を出している」背徳感に尽きるでしょう。ある程度年齢が行った女性というのは、女性らしさに磨きが掛かります。若さだけではない滲み出てくる仕草の女らしさや、人妻ならではの家庭的な感じなど、とにかく人妻という属性にある女性というのは、とても美しく男性の目に写るものです。

そんな人妻と気軽に出会いたいと思った場合に有効な手段になるのは、ズバリ男女の出会いを扱っているサイト上でのやりとりに尽きるでしょう。出会い系といったら怪しいイメージがあるでしょうが、昨今では合コンや婚活ですらネットで募集する時代です。人妻が日頃の生活を忘れて刺激が欲しいと思ったときに、気軽に使えるパソコンやスマホに出会いを求めているなんてザラなのです。

出会いを扱っているサイトでも、人妻というカテゴリーはとても人気があります。人妻側も、気軽なメル友から飲み友達募集、一夜の過ち的な危うい関係まで、旦那以外の男性を欲している人が本当に多くいるので、初めてサイトを覗いたかたは驚いてしまうでしょう。

そんな人妻と接触することは結構容易です。サイト上でやりとりをして、気が合ったかたとオフで会う約束を取り付けるだけです。なかなかそれが難しいのではと思っているかたも多いでしょうが、人妻というのは案外大胆です。最初から深い関係を望まないのであれば、一緒に食事に行くくらいの関係には簡単になれてしまいます。

そんな人妻達の空いている時間帯は、やはり子供がいない平日の日中ですので、仕事をしている男性であればまずはランチタイムにお誘いしてみるのがいいでしょう。人が多いところで、なおかつ日中の時間帯であれば、人妻の警戒心もかなり薄れます。そこからどう発展させていくかは、男性側の手腕次第です。

人妻との出会いを望んでいるのであれば、まずはネット上で男性が恋しいと思っている女性を探してみることをおすすめします。


人妻と出会いがほしくて出会い系サイトを利用しました


私はまだ20代の男ですが、結構年上が好みで年上のお姉さんに甘えるのがすきです。
特に30代後半くらいの女性がタイプで胸が大きくて包容力の大きそうな女性が好きです。

人妻好きに目覚めたのは歯医者さんに通ったときに担当してくれた歯科医師さんが、色白で巨乳のお姉さんだったからです。
歯の治療をしてもらっているとき、胸が私の頭にあたり、とても心地よかったのです。
それからは、エッチな動画を見るときは人妻系のをよく見るようになりました。
そんな私ですが、動画や妄想では満足できずにネットの出会い系サイトで人妻の女性との出会いを探しました。

私は特にお金持ちとかではないので最初はメッセージの返信さえかえってきませんでした。
うまくいかないものだなと思い、自分の写真をウィッグをつけた自分を登録してみました。
私は特に薄毛ではないのですが、やはりきれいなウイッグをつけると男性アイドルっぽくなれました。

すると人妻の方から少しメッセージをもらえるようになりました。

その中でも色白で巨乳のお姉さんに目をつけてメッセージのやり取りをしました。
いろいろやり取りをしていると会おうということになりました。
とてもうれしかったのですが、ウィッグがばれないかは少し心配でした。
もしばれても、ネットでの出会いだから失敗してもよいかと開き直って会いに行きました。
待ち合わせにいくと、とてもきれいな女性が待っていてくれました。
胸も実際に服の上からでも大きく見えてとてもうれしかったです。
それから、カラオケにいったりしてデートしました。
洋服を買ってあげたら喜んでくれました。

そして夜になってきたのでとりあえずお酒の飲めるバーに行きました。
お酒を飲み始めてあらためてお姉さんの顔を見るととても色っぽくていい顔だなと思いました。
また酔っ払ってくると、顔もさらに色っぽくなりいい感じでした。
そして、流れでホテルへ行くことになり巨乳の胸を堪能しました。
ウィッグもばれてない感じでうまくデートできてよかったです。


出会い系で出会った若妻ひとみちゃんとの体験記


大学時代の話です。
当時自分の周りでは出会い系サイトが流行っていて、自分も登録して毎日チェックしていました。
そんな中、ある女性に目がとまりました。
22歳のひとみちゃんという女性です。
このひとみちゃんは自分より少し年上ですが、同年代です。
ただ、もうすでにこの年にして人妻のようです。
メールでやり取りしていると若いだけあってノリがよく、平日のお昼に実際会ってみることにしました。

東京のあるターミナル駅で昼に待ち合わせをしていると「○○さんですか。」との声。
振り返ると写真より20パーセント減くらいのひとみちゃんの姿が。
それでも、AKBの松井玲奈に似ている清楚なイメージでとっても可愛いです。
ただ、松井玲奈と違うのはその巨乳です。
Gカップはあろうかというその巨乳に目が釘づけになりました。
その目線に気づいたのかいたずらっぽく笑うひとみちゃん。
「じゃあ、どうします?」と僕が聞くと、「もう行っちゃおうよ」とひとみちゃん。
という事で食事無しでホテルに直行する事にしました。

ホテルに入るといきなりのディープキス。
触りたくて仕方なかったその巨乳をもみしだきます。
その後、ひとみちゃんの服を脱がせてGカップのおっぱいを堪能します。
若いだけあって垂れていなくて極上のはりがあります。
おっぱいを堪能していると、ひとみちゃんから取り合えずシャワー行こうとの声。
しかし、シャワー中にたまらなくなり、そのまま挿入です。
ゴムと言われるかとおもいましたが、ひとみちゃんもそのまま受け入れてくれます。
巨乳に顔をうずめながら一度目の発射です。
その後、ベッドに移って二回戦に突入です。
ひとみちゃんの極上のテクニックを味わいます。
いや、しかしフェラをはじめすべてのテクが凄いです。
めちゃめちゃ気持ちいいです。
我慢しようと思ったのですが、フェラチオ中にあまりの気持ち良さが口内射精です。
ひとみちゃん、いたずらっぽく笑っています。
いや、同年代といってもひとみちゃんのテクは凄いです。
毎晩、だんなに乗っかられて鍛えられてきただけあります。
その日はその後5回セックスしました。

その後も週1回は定期的にあっていたのですが、旦那が転勤する事になり関係は終わりました。
それから数年以上たった今でもあの体をもう一度抱きたくてうずうずする事があります。
極上の女でした。


出会い系の人妻とのアバンチュール


もともと私はそんなに人妻に興味があったわけでもないのですが、ある頃に出会い系で知り合ったのが彼女でした。
できれば若くてピチピチの大学生とかOLさんが良かったんですが、まあそんなに上手いタイミングでゲットできるほど出会い系サイトを使いこなせていなかったので、人妻でも取り敢えずいいかなとやり取りするようにしました。

私は都内在住で彼女は千葉、歳は30過ぎでしたが写真だと見た目は結構童顔なのか若く見えます。
たまに東京に買い物に行くというのでそんな話で盛り上がってたんですが、ついでにやんわり誘ってみると意外にあっさりOKでした。
出会い系のメールではそんなに下ネタはなかったので、まあちょっとした息抜きで時間つぶしって感じなんだろうと思ってたんですが、いざ実際に会ってみるとやっぱり人妻なんですね、すごい色っぽい空気がありました。
想像ではもう少し子供っぽい感じだったんですが、それは若く見えるルックスだけの話、喋ってる表情や声なんかかなりそそる感じの女性でした。

新宿のデパート巡りで楽しんだ後、夕方も遅くなりそろそろ帰ろうかと言うと、彼女は今晩は東京の友達のところに泊まることになってるからまだ平気だよと言いました。
だったら話は早いですね。
そのまま夕食も一緒に、お酒も入ってお互い気持ちの整理は出来ました。
その晩は人妻の魅力を堪能させてもらいましたが、実は人妻と遊ぶのは本当に久しぶり、忘れてましたがやっぱり奥が深かったですね。

付き合ってる彼女はどちらかというとちょっとカタブツ、綺麗なんですが真面目過ぎてあまり色気がないんですね。
その反動もあって人妻とのいけない時間がとても新鮮に感じました。
浮気してる罪悪感もあり、浮気させてる背徳観もあり、でもお互い同じだから心も体も共感し合った感じでした。
朝まで寝ないで抱き合ったのなんて何年ぶりだろう、そんなことを思いながら汗だくで頑張りました。

その後も2~3ヶ月に一度のペースで会いましたが、彼女が妊娠したのを機に会うのはやめました。
もちろんそれは旦那さんの子なんですが、できればセフレとしてもう少し会ってたかったですね。


人妻との出会いは身近なところにある


人妻との出会いで最も身近なのは、バイト先などの職場に他なりません。今の時代は人妻系の出会いサイトやSNSもあるのでそれらを有効活用していくという手段もありますが、相手の素性があまりにも不透明ですからちょっと躊躇してしまいます。それならば、バイト先などにいる職場で人妻と出会ったほうが相手の女性を知っている分だけ安心して接することができます。

若い男性から見て人妻の魅力を述べるならば、やはりセクシーなところだと言わざるを得ないです。毎日旦那と一緒にいるからなのかその美しさやかわいらしさ、そして家庭を持っているという安心感が人妻の魅力です。

独身女性ですと結婚に対してどうしてもガツガツしているところがありますし、その余裕のなさが魅力を損なっている場合がありますからそれを考えると人妻の良さが際立ちます。そして、人妻と出会い恋をすることも決してできないわけではないです。

私の場合、5つ年上の人妻に告白したことで浮気がスタートしました。それはやはり勤めていたバイト先での出会いがきっかけとなっていて、初対面のときからお互い何となく通じ合うものがありました。相手の女性が人妻と知った瞬間はガッカリしたのですが、それでも人妻であるということをあえて無視してアプローチをかけていたら浮気相手になれたのです。

あくまで浮気でしたからコソコソしながらデートをしなければならなかったのですが、そのスリルがまた恋を燃え上がらせました。その逢瀬がバレたらいろいろと大変なことになるのはわかっていたのですが、それでも心の中で突き動かされる衝動には逆らえずに結局は1年ほど付き合っていました。

人妻になっても女性は恋をしたい生き物なのだということがその体験で良くわかりましたし、モラル的にとらえばよくないことなのかもしれませんがそうして常識から逸脱してみるのも人生の経験として悪くないと思いました。人妻はとてもたくさんいますからそれだけ出会いのチャンスがあるということですし、恋をするだけなら難しくないと思います。